おすすめコラム

【小中学生向け】オンラインで基礎英語は身につくのか?【質と量の違い】

この記事は 6 分ほどで読めます。


基礎英語が役に立つとき。

「そもそも日本で英語を話すときなんて滅多にないでしょう?」

そんな声を聞いたことはありませんか?

または「学校英語は、実際の英会話とかけ離れていて役に立たない。」と…

僕が小学生の頃はまだ英語の授業はなく、中高を通して英語を必修科目として学んできたわけですが、成績はずっと中の下…もしくはそれ以下でした。

しかし5年間のアメリカ留学を経験し、外国で生活してきた過程で、少なからず学校教育で習った基礎英語は生きていたのです。

現在英語講師という職に就きながらも、まだまだ基礎英語の重要性と、再学習の必要性を感じています。

小中学高の学生たちが将来、日本だけなく海外へ羽ばたいてゆくとき、基礎英語を学んできたことの重要性と、より深く英語圏または外国の人々と関わり合おうとするとき、より高い英語力 (コミュニケーション能力) を必要とするでしょう。

今回はこれから英語を勉強したい方、お子様に英語を学んでもらいたいと思っている親御様、スクール選びに悩んでいる方へ、少しでも役立つ情報を紹介したいと思います。

Tomo
どうぞリラックスして読んでみてください。

5W1Hとは?

いつ (When)、どこで (Where)、誰が (Who)、何を (What)、なぜ (Why)、どうやって (How)

5W1Hは、相手に質問を投げかけるときに使われる基礎中の基礎英語になります。

続いて、Did you ~、Can I ~、Would you~、Do they~、Have you~、Does it~

と言った、時制、申し出、定形表現、質問内容を明確にするための助動詞など…

学校教育で教わる英語は、こういったベースとなる語句を定着させるためにあります。

ただし勘違いしてはいけないのは、こういった言い回しを暗記しましょうと言っているのではありません。

日常的に言い回せるようになりましょうと言っているのです。


勉強地獄から抜け出すためにできること。

英語は他教科と比べて少し枠から外れている、という感覚はありませんか?

その感覚は間違っていません。英語は小中学生に限らず、老若男女問わずライフワークとして毎日勉強している方が多くいるからです。

大人になっても勉強する、英語には継続的に学習する要素が含まれています。

それは近い、遠い将来に限らず必要とされている言語だからです。

「オンラインで基礎英語は身につくのか?」という問いにあたって、

まず「英語って普通の勉強科目と違うんだなぁ。」と認識してみてください。

算数と漢字と朗読と英語の宿題…やることがたくさん💦

Tomo
英語は毎日15分だけやる! 出来そうですか?


オンラインの活用法。

英語学習は、他教科と少し違うと述べました。

その違いはどのくらいの頻度で学習するかにあります。

結論から申し上げますと、やはり毎日なのです。

生徒のお父さんお母さんが我が子に希望することは、

「将来に少しでも役立ててほしい。」

「ある程度の英話を今のうちにできるようになってくれると嬉しい。」

こう思われることは当然と思います。

しかし親御様と講師の間には、少しだけ認識の違いがあります。

それは講師たちが「できれば毎日やってくださいね。」と言っていることと、

実際に生徒が学習している、希望するレベルの必要学習頻度にずれがあることです。

以下、参考表を作りました。

部活動や他の習い事に忙しい生徒に、現実的なスケジュール表を作成してみました。

1日15分の学習時間には賛否両論あると思います。

しかし毎日目まぐるしく過ごしている生徒であっても、継続できるスケジュールを立てることが最も重要です。

習慣になる勉強の仕方、どういった学習を継続すべきでしょうか。


質と量の違い

上の表の右側と左側での共通点は、どちらも月曜日にレッスンを受けていることです。

生徒が英語を学ぶのに、英会話スクール、学習塾、オンライン英会話と様々な選択肢はありますが、どれもレッスンを受けていることに違いはありません。

違いは、一つに1週間で生徒が取り組んだ量です。

二つ目は、その質です。

5W1Hを覚えているでしょうか?

When,Where,Who,What,Why,How!

 

まずはじめに、レッスンの時間は本番、テストという意識を持つことです。

 

【When】そうなると残りの6日間で、どのくらい英語学習に取り組んだかがキーになるわけです。起きてから15分の学習が一番おすすめです。朝ご飯を食べる前に集中してやってみると、気分もとても良くなります。

 

【Where】自宅で取り組みましょう。必ずしも個室である必要はありません。多少の生活音があった方がよい場合もあります。その理由はどんな状況であっても集中できる自分を作ることにあります。

 

【Who】自分一人でやってみましょう。分からないときは聞くのもOKですが、そもそも一人の方が楽しいはずです。

 

【What】英語と一口にいっても、やれる幅はとても広いです。リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング、このすべてを15分で終わらすことは残念ながらできません。ただし今日やることさえ分かっていれば、ただ真っすぐに行動することができます。明確化してみましょう。

 

【Why】なぜ、今日やることをしなければならないのか?それは自身の目標を達成するためにあります。それがへとなります。特に生徒たちにとって、ただ目標もなしに勉強することは、アバウト=「やらなくてもいいや。」という理由作りになってしまいます。

 

【How】これで量と質とがそろいました。最後に必要なことはシェアすることです。1週間の短いながらも自身が達成できたことを、誰かとシェアするのはとても素晴らしいことです。つぎの成長意欲にもつながります。その気持ちを受け止めてくれる講師、生徒たちと切磋琢磨できる環境に身を置いてみましょう。


なぜ、オンラインなのか?

5W1H ができるようなれば、勉強地獄から抜け出すことが分かりました。

なぜオンラインレッスンにメリットを感じるかは、一つに利便性があります。

移動、送り迎えの手間または費用を抑えることができます。

しかし、最もお伝えしたいのは時間には限りがあるということです。

やはり現代の日本人は忙しすぎる印象を覚えてしまいます。これは大人や生徒たちに限らず、その反動で空いた時間をムダなことに充ててしまいがちです。

このループを少しでも工夫することができれば、確かな違いが出てくるはずです。

 

もう一つは、残念なことに英語講師の仕事はお給料があまり良くありません。

レッスン以外にも準備 (イベント含む)・連絡など時間を多くかけることも理由にあり、必然的に新人講師の出入りが多くなってしまいます。

これはネイティブスピーカーの講師にも同じことが言えますし、ネイティブスピーカー=良い講師とは限りません。

もちろんベテランでカリスマ講師みたいな方もいらっしゃいます。しかし、その方に実際に教えてもらえるかは別問題です。

オンラインであっても、同様なことが言えますが、探せる幅が違います。

また現在ではレッスン料や受講回数、入会費・教材費など、リーズナブルなスクールも見られるようになりました。

自分に合った先生がいいなぁ。

Tomo
多少厳しい先生であっても、しっかり受け止められるようになりましょうね。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、基礎英語の重要性と具体的な学習方法について書かせていただきました。

次回は、英検合格のための出題問題の徹底解剖!や自身の留学エピソードなども、ご紹介させていただく予定です。

ぜひTwitter(Ⅹ) や Instagram のフォローもよろしくお願いいたします☺

この記事が、少しでも英語学習者の方のお役に立てれば幸いです。

ありがとうございました。

 

チャレンジ英語について

当塾はオンライン英検こども学習塾です。主に英検5級、4級、3級合格をかかげ、テキストをベースとした徹底的な日常英会話におけるリスニング・スピーキングを完全カバーするレッスンを、アメリカ留学5年の経験を持つ日本人講師が提供しています。

英語初心者の生徒も、ビギナーズクラスから安心して受講することができます。オンラインなので日本全国から受講可能です。

英語学習に不安を抱えていましたら、ぜひ体験レッスン&お申込みからお問い合わせください。

-おすすめコラム